えねい建設株式会社  
TOP
資料請求
プレゼント
サイトマップ メール プライバシーポリシー
住宅コンセプト 施工作品集|お客様の声 イベント|構造完成見学会 安堵の棲家 建築現場ブログ E-netファンクラブ お知らせ
 
  


ソーラーサーキットの家は外断熱・二重通気工法の家であり、今までの住宅のようなグラスウールやロックウール等を柱の間に詰める内断熱工法の家が冬専用であるのに対して、夏にも対応できる仕組みを持っていることが大きな特徴です。
断熱材の外側と内側に二重のサーキット(通気層)があって、夏は熱や湿気を排出して涼しさを得られやすくし、冬は、アウター(外部通気層)がオーバーコートのように、インナー(内部通気層)は気密層となって高い保温性を発揮します。つまり人が衣替えをするように夏と冬とで床下、壁の中、小屋裏の空気の流れを変えて、住む人がそれぞれの季節をより快適に過ごせるように応援してくれます。
しかしながら、梅雨時のさわやかさについては満点のお褒めをいただけるのに、夏は住む人によってかなり評価が分かれます。それは、立地条件、温度、湿度、窓からの熱取得、生活の排熱、家族数、感受性、体質、体調、衣服、寝具、調理、飲食物、エアコンの使い方、これまでの生活習慣など様々な要因が、夏の快適さには複雑に影響しあっているからです。夏の季節、ある人に聞くと、自然のままで快適に過ごせてすばらしいという答えになり、他の人はそれでは暑くてたまらないということになるのはやむを得ないことです。それぞれの家庭にそれぞれの味があるように、暮らし方も一軒一軒みんな違うのですから、一つのマニュアルをつくって一律的に扱うことは意味がないことです。ご家族が望む快適さは、ご家族が協力してみつけ、つくり出すことによってより大きな満足が得られる事でしょう。
その場合に、ソーラーサーキットの家の特徴をよく理解して「こう扱えばこういう結果になる」という基本的なところを知っておくことが必要です。以前の家で長年なじんできた感受性や生活習慣、寝具やエアコンの使い方などを、この家にあうようになじませていくのには、ある程度の年数を必要とする方も当然いらっしゃいます。しかし年々、試行錯誤を繰り返し、慣れ親しんでいくうちにはどなたも暮らし方の達人になれます。
ですから以前の家と同じように扱って「ソーラーの家は暑い!」と性急に決めつけたり、不満をふくらませ、我慢し、あきらめたりはしないで下さい。ご家族の皆様が暮らし方の達人になられたときに、ソーラーサーキットの家を建てた感動を心から味わっていただけると私たちは確信しています。

 

夏の暮らし方 

【1】 ダンパーの扱いについて
床下ダンパーと小屋裏ダンパーは、梅雨が明けて夏らしい天気になったら開けてください。気温で判断するとすれば、最低気温15度が開放の目安です。ただし、日当たりがよい所や湿気の多い所にある床下ダンパーは開ける時期を検討する必要があります。また、当たり前ですが台風の時や、異常に暑い日は閉めるようにして下さい。ダンパーの開閉も、いちがいに決め付けた方法はありません。住む人の体感や感受性などによって、開けるダンパーの位置と時期を自分なりに見つけてください。  


小屋根ダンパー


床下ダンパー

【2】 トータル換気システムについて
アルデ:換気量コントローラーが装備されていて換気量の調整ができます。

【Hi、N、Loの切り替えについて】

Hi(ハイ) ホームパーティーや近所の集会など、大勢の人が集まる時。またはペットの臭いが気になる時。
N(ノーマル) 通常はここにセットしておいて下さい。 
Lo(ロー) 家族全員が出かけて留守になる時。

【アルデ本体の清掃】
1年に1度、小屋裏に設置してあるアルデ本体の清掃をして下さい。
 


左:小屋根ダンパー開閉ハンドル
右:アルデコントローラー


アルデ本体

【3】 給気口について
給気口のフィルターは原則として3ヶ月毎、(立地条件によって異なります。)水もしくは中性洗剤でよく洗い、乾燥させてから再び装着して下さい。キャップのガラリは、必ず上向きに装着して下さい。また、これらの作業がしやすい家具配置を考慮して下さい。フィルターの清掃をこまめにやる事は、高気密住宅の換気において大切なことです。

【換気フィルターの目詰まり】
給気口のフィルターの清掃を忘れてしまうと目詰まりして、アルデからの換気が正常にできなくなってしまいます。家のまわりに学校の運動場や畑などがあると、土ぼこりがあがってフィルターは汚れやすくなるため特に、こまめにフィルターの清掃を心掛けて下さい。
 

1:フィルター 2:キャップのガラリは上向
【4】 夏の快適な温度と湿度
維持したい温度は27度くらいで、掃除をしたりすると少し汗ばむ程度が健康的によいとされています。
湿度は65%以下を維持できればカビの発生も無く、さわやかです。

【冷房の考え方】
冷房に対する感受性は人によって相当な違いがあり、いちがいに決め付けることはできませんが、
以下の内容は、効果的な冷房のやりかたとして記してあります。

【5】 エアコンの使い方
家の立地条件、住む人の体調、体質によって「暑さ」の感じ方は違いますが、不快と感じたらエアコンを使用して下さい。朝晩、外からの冷気が得られないほど暑い日が続くようであれば、冷房に徹してしまう方がはるかに快適で省エネになります。
最近のエアコンは、ランニングコストが低くなって、弱冷房機能や、温度を下げずに除湿する機能に優れていますので、ソーラーサーキットの家では冷房に弱い人でも利用できます。
昼間留守にする場合でも、家中を保冷するのに一番適した所のエアコンを一台つけておくことが大事です。それを節約してしまって、蓄熱した状態から冷房を始めると、かえってコストがかかり損になります。「誰もいないのにもったいない」と思うでしょうが缶ジュース一本分と割り切っておもいきってやってみる事をお勧めします。
この方法は、以前の家のような断熱・気密性能の低い家でやっても電気代の無駄にしかなりませんが、ソーラーサーキットの家だからこそ効果のある事だといえます。
  1. 効率のよい冷房の仕方は、一番上から冷やすことです。
    ロフトか最上階のエアコンをつけて、扇風機でまんべんなく行き渡るようにします。
  2. 外からの冷気が期待できないほどの暑さになったら、エアコンは除湿ではなく冷房にして、冷気が家全体に行き渡りやすい位置にあるエアコン1台は、たとえ留守中でも扇風機と組み合わせて日中連続運転します。
  3. エアコンのフィルターはこまめに清掃しないと、能力が落ちるばかりか、中にカビが発生する事があります。
  4. エアコンをその年に初めて使う場合は、必ず30分ぐらいは窓を開け放しておきましょう。
  5. 寝室のエアコンは、就寝前の一時間ぐらいつけておくとよいでしょう。
  6. 冷房は必ず室内に風を起こしますので、掃除をまめに行わないとホコリを常に舞い上げることになります。
ただ少しでもエアコンをかける時間を減らすために、次の事を心掛けて下さい。
  1. 窓からの熱の侵入をできるだけ防ぐ。
    カーテンを閉めたり、窓の外にすだれや、よしずを掛けるなど日差しが直接窓に当たらないように工夫する。特に西日と東からの日差しに気を配って下さい。
  2. 出掛ける時には部屋の照明は消して下さい。
  3. 早朝や夜間の冷気が期待できる時は、できるだけ取り入れるようにして下さい。
    日中でも涼しい風が吹いているならばどんどん窓を開けて風を通します。
  4. エアコンと扇風機を組合せると予想外の効果が得られます。
    冷気は床によどみやすいので、扇風機と組み合わせて使うと、足もとを冷やさずに済みます。
    冷房に弱い人が無意識でいられるほどの弱い冷房で快適に過ごせることができれば、それが一番です。

冬の暮らし方


株式会社えねい建設 本社:〒422-8005静岡県静岡市駿河区池田358-1 TEL:054-262-9595 Copyright©2010.Eneikensetsu.Co.,ltd. Allrights reserved.