えねい建設の家造り

掛川

 

えねい建設のコンセプトはすべては「住みごこちのため」にです。

理想の家造りには住まい手の熱い気持ちとたくさんのこだわりがある

その思いをすべて受けとめ一緒によろこびたいと考えております

なぜならすべては住み心地そしてお客様のために。

 

見出しマイホームを計画する際にこんな事考えませんでしたか?

チェックボックス  
床の冷たさ、居間と廊下の温度差がひどい、窓の大量な結露、布団に入っても寒くて寝つけない、お風呂上がりで直ぐに湯冷めしてしまう、冷え性で指先が冷たくなる、靴下を重ねて履く。
チェックボックス  
一日中クーラーを入れて逆に寒くなっている、玄関を開けた時の家の中からの熱気、暑くてイライラする、家に居たくないのでデパートに涼みに行く、クーラー無しでは寝られない。
チェックボックス 換気 
ペットの臭い
が消えない、玄関やトイレのは芳香剤でごまかす、冬は寒くなるから消す。
チェックボックス 光熱費 
夏冬の光熱費が異常に高い電気ガスで割高になる、冬灯油を買いに行くのが大変。

などなど考えた結果、新しい家なら全てが解消するのではと思ったはずです・・・・
しかし現実問題上記にあげた問題を解決し、アドバイスをしてくれないのが事実です。

 

見出しえねい建設の家にお住いの皆様の本音の声をお聞きください。 

アンケートご感想欄にて

チェックボックス 「冬、床が冷たくならないので我が家にはスリッパが有りません(笑い)」
チェックボックス 冬、どこに居ても温度差が無く、お風呂から出ても洗面所で楽に着替えが出来るので子どもたちもお風呂嫌いが治りました」
チェックボックス 「冬、窓に結露など見た事が無いのでマンション暮らしだったころの朝の努力が嘘みたい」
チェックボックス 「冬、お風呂上りでも頭が冷えないのでそのままテレビを見てしまう、寝るときもスッと寝れる」
チェックボックス 「夏、帰って来て玄関を開けるとクーラー付けっぱなしかと驚くがどこも付いていない」
チェックボックス 「夏、朝起きて涼しい内に窓を全て開放して、外気温が上がって来たら窓は閉めて生活します」
チェックボックス 「夏、夜帰って来てから3時間ほどクーラー入れて寝る前には消してしまう」
チェックボックス 「梅雨時期、床がベタベタしない、結露しないのでカビが生えない
チェックボックス 「家に居ると肌がかゆくならない咳が出ないのでアトピーも少し楽になった様に感じる」
チェックボックス 「猫を買っていてお客さんが猫の臭いが全然しないとビックリしていた」
チェックボックス 「高気密高断熱住宅なのでガスや灯油は避けオール電化なので光熱費も以前のアパートより安い
外断熱住宅に住んで、住み心地に満足している
96%
冬の住み心地について、満足している
93%
夏の住み心地について、満足している
85%
結露について、結露しないとお答え頂いた皆様
96%
花粉症について、以前より家に居ると楽になった
80%
ぜんそくについて、以前より解消された
85%
アトピー性皮膚炎について、以前より解消された 
90%


どの項目でも高い満足度になっています。

えねい建設の高気密・高断熱の外断熱住宅の家造り

住みごこちを追及した「夏涼しく・冬暖かく・梅雨時期のジメジメの無く・結露しない家」

本当の住みごこちとは、生活する上で室内環境が不快に感じない事が本当に大切なことだと思います、夏涼しくと有りますが涼しさを感じる様では実は部屋の中は寒いのです、ですから言い換えれば、夏暑さを感じなく、冬寒さを感じない、また梅雨時期のジメジメさまで感じなければ、本当に住みごこちの良い家と言えます、えねい建設はそんな家造りをしています。

木造外断熱SDⅡ

外断熱工法SDⅡは木造住宅で、厚さ50mmの板状断熱材を屋根・外壁(基礎は内側)の柱の外側から隙間なく張り込み完全な断熱施工・気密処理・換気計画が出来れば外気の影響を室内に伝えにくなります、また夏と冬での衣替え(切り替え)の機能が有り、夏は開けるの機能で床下から風を取り込み壁内の熱と湿度を小屋裏に有る換気扇で排除する事により室内を涼しくさせ、冬は閉めるの機能で床下から小屋裏まで閉め切り保温の効果で室内を暖かくします。

冬冬は床下と小屋裏を閉じ、保温して暖かく快適

夏

夏は床下を開け、小屋裏換気で熱処理して涼しく快適

夏、冬季節に応じての衣替えは洋服だけとは限りません、家も衣替えるする事でその季節ごとの快適性能、経済性、幸福感を感じていただきたいのです。
 

続いて主要各部位のご説明を致します。

断熱通気基礎

基礎は20cmの耐圧盤ベースの断熱通気型SDⅡベタ基礎です

 開閉式の床下換気孔は冬は閉めて保温型、夏は開ける解放通気型に変化します。

中間の基礎は夏の風通しをスムーズにおこなえる様に丸型になっています

断熱材は基礎内側に設置して白蟻の侵入を阻止します、木工事途中で水平面にも敷込ます。

夏冬べた基礎

床下換気口(閉)

床下換気口 閉じた場合

床下換気口(開)

床下換気口 開いた場合

床下の様子

開閉式床下換気孔(ダンパー)夏は開けて風を取り込み涼しく、冬は閉じて保温効果で暖かくし家の衣替えが出来ます。

基礎で開ける事、閉める事が開放と閉鎖と云う真逆な行為の始まり

断熱機密樹脂サッシ

結露は木造住宅の最大の敵! 結露しらずの樹脂サッシで快適空間

窓は室内環境に大きな弊害にもなります、夏は熱さの入口で冬は暖めた熱の出口になってしまいます、性能の高い樹脂サッシなら外気の影響を最大限にブロックし室内の快適性能を維持します。

樹脂サッシ「エクセルシャノンウインド」は、硬質塩ビ製品に分類され、塩ビ樹脂製の窓枠と高性能ガラスを組み合せた商品です。使用するガラスは、二重複層ガラスを基本として、抜群の断熱性能を発揮します。シャノンウインドウ

熱伝導グラフ

日本で一般的に使われている窓枠の素材はアルミ製です。塩ビ樹脂の熱伝導率はアルミの約1/1000のため、樹脂窓はアルミサッシに比べて、特に断熱性能が優れるという特徴を持っています
 
 

窓は光や風を取り込む所、ただ室内環境を破壊する所でも有ります
高性能の樹脂サッシなら熱も通さず無結露な家を保証いたします。

基礎の板状断熱材

厚さ50mmの板状断熱材で壁・屋根・基礎を包み込み快適空間に

板状断熱材を基礎は内側垂直面と水平面に、外壁・屋根は外側から貼りこみます、部分的な隙間は丁寧に断熱補修してから

気密をとる為のテープを貼ります、ちゃんと断熱しても気密が悪いと隙間風が浸入し室内環境は悪影響になってしまいます

ですから現場作業の見せ場となります、またしっかりと気密が取れているか気密測定機にて中間・完成の2回調査をします。

現場

断熱材の性能だけではダメ、現場にて施工する職人さんの快適な家になる為の確かな技術と鋭い感性があってこそがいい家になる為の条件です。

外断熱作業風景

屋根作業1

屋根断熱 板状断熱材を貼りその隙間に気密テープを貼る事により断熱+気密が完全に確保されます。

屋根作業2

屋根断熱 同左上に通気垂木を取り付けます。板状断熱材の上に通気層を作り屋根の熱が建物に入りにくくします。

外壁断熱1

外壁断熱 断熱+気密+通気胴縁(外壁下地)作業中

外壁断熱2

外壁断熱 断熱+気密+通気胴縁(外壁下地)作業中

外壁断熱3

外壁断熱 基礎取り合い部分(開閉式床下換気口)

外壁断熱4

外壁断熱 屋根取り合い部分

まだまだお伝えたりませんがここまでやるから確かな住みごこちになります、快適住宅にお住まい下さい
 
 
 

 

特別展示場

⌂ 葵区麻機     

外断熱工法木造住宅 平屋 31.5坪 3LDK

えねい建設ロゴ

匠ノ棲家

南 匠ノ棲家 (6)
南 匠ノ棲家 (8)

常設の住宅展示場では御座いません、現在生活していますが見学可能です。

緑豊かな静岡市葵区麻機地域内に建つ、のどかな雰囲気のなか外観は黒をベースの平屋のお家が御座います、黒い塗り壁とガルバリュームの外壁・屋根に柱や戸袋は木材のナチュラルな質感になじむみ道路側の大きい丸窓樹脂サッシがポイントな和モダン調に仕上げて有ります。

玄関に入ると正面の壁には坪庭の竹がお出迎え、大きなシューズクロークで玄関土間はいつでも綺麗になっています、床材はバンブーのフロアーのナチュラルなイメージをベースに白を基調とし明るい室内になっています。

間取りは3LDKSでLDKの吹き抜けは解放感が有りますが冬暖房が上ににげて寒くなる事や夏熱がこもり暑くなる事がないのは外断熱住宅の最大の利点を言えます。

また奥様の目線・動線をメインに考え、キッチンを中心に全ての事が最短で出来るよになっています。

たとえばキッチンの裏が洗面所でドアを開けるとウッドデッキが有り洗濯物を干せる様になっています。

キッチン横に子供部屋が有り料理片手に子供たちを起こすことが可能です、また吹き抜けになっているのでキッチン上のロフトが室内洗濯干場とアイロン掛けが出来る家事スペースになっています。

また南側にも大きなウッドデッキが有り、物干し部分とリビングと庭をつなげる部分としています。

見学希望の方はご予約おねがい致します、いつでもご案内出来ます。

見学予約はこちら

家造りの流れ

家造りのきっかけから出会い、選択、着工、完成のフロー


家造りの流れ

資料選択

えねい建設パンフレットえねい建設パンフレット
外断熱と医療を考える

外断熱と医療を考える

住宅と税金

住宅と税金

県産材の家づくり支援制度

県産材の家づくり支援制度

お問合せはこちら

フリーダイヤル

「健康は家が決める」プレゼント

病は家から

健康は家が決める

良い家と悪い家の違いが分かる「健康住宅の8つの条件」など、住宅のプロが理想的な家づくりを分かりやすく解説。「この家に住んで本当に良かった!」お医者さんも住み心地のよさを実感した建て方を丁寧に説明。

えねい建設社長と著者

▲当社 江井社長と著者 田中勇一氏

応募方法

■ 応募資格 
静岡県中部地域の方限定 下の「書籍プレゼントに応募する」ボタンより、 氏名・住所・電話番号・応募動機をご記入いただき、メール送信してください。
■応募期間
毎月15日締切
■当選発表
当選者には月末までに商品発送致します。当選結果は公表いたしません。
 
書籍プレゼントに応募する