二世帯住宅トップ

理想的な二世帯住宅をつくるためには、設計図という「器(ハード)」だけでなく「おもいやり(ハート)」の心を育むための<家族の掟>をつくることが重要です。

家族画像
二世帯住宅基本スタイル
二世帯住宅ロゴ
明るく開放的な複合型のLDK

複合型LDK

独立型の玄関

独立型玄関

共存型のLDK+和室

共存型間取り

えねい建設がおすすめする「二世帯住宅・住まいるEK
ここ近年、二世帯住宅の需要がまた増えてきているという現実があります。
やはり一緒に暮らすとメリットはたくさんありますから、そしてその背景にさまざまなキーワードがありますのでご紹介します。
まずは「各世帯の安心感」・・・便りが無いのは元気な証拠では寂しですよね。
つかず離れず暮せることになに上ない安心感が生まれます。また家族が大勢いる方が何かの緊急時の対応が早くなますよね。

 

次に「各世帯の協力心」・・・頼れる相手がいるって良いですよね。
若夫婦二人でお出かけの時には親世帯に子供の面倒を見てもらったり、親世帯は大変な用事や将来の世話なども子世帯に任せやすくなりますのでとても良い関係になります。また一番のメリットは「各世帯の金銭的負担の軽減」お家を建てる際の建設費は個別で建てるよりかなりお徳ですし、生活し始めてからの生活費の軽減や光熱費などは基本料金がひとつです。
食事なども、たまに一緒に食べる事により、その分お安くなりますよね。

 

その様に考えればメリットはたくさん有りますがその反面隠れたデメリットも有ると思います。しかし互いの為に良い事が多いのですから、えねい建設では過去の事例等を参考にしながら、家族みんなが納得して暮らしやすい二世帯住宅の研究をして参りました。
その結果、誕生したのが「おもいやりの心を育み、家族が笑顔になれる二世帯住宅・住まいるEK」です。
プランニングプロセス